ハーブテントセラピスト養成講座

ハーブテントセラピスト養成講座

ハーブテントセラピストは、人が美しくあるためのお手伝い(ケア)をすることが仕事ですから、まず、人間の体や心の仕組み、つまり人体の生理機能や心理などを勉強していきます。ついで、食事、運動、睡眠といった日常生活との関係、さらに仕事の道具である化粧品や美容電気機器の知識、経営や関連の法律など、幅広い知識を身につけなければなりません。
日本ハーブテント協会では、こうした理論と並行して、専門セラピストとしてのさまざまな技術も学んでいきます。以上のようなセラピストとして必要な知識や技術は、一般的には専門の学校に通ったり、通信教育で学んだり、サロンに就職して社員教育を受けるといった方法で身につけていきます。日本ハーブテント協会では全国にある各指定校にてハーブテントセラピスト養成講座を開催しております。
ハーブテントに関しての知識や歴史、アーユルヴェーダなどの基本理念に加えて、老若男女を問わずデトックスなど統合医療に関しても知識を深めてまいります。

ハーブテントセラピストになるためには?

日本ハーブテント協会には、当協会の教育基準や施設基準により養成施設(学校)を指定する「支部制度」があります。
現在、当協会支部は東京・大阪・広島・大分にあり、ご希望の地域で講座の受講が可能です。講座は実技研修含めて約3時間程度となります。

受講の流れは次の「ハーブテントセラピスト受講の流れ」の通りです。
※ 各支部ごとにハーブテントセラピスト養成講座の開催日は異なりますので、協会本部又は、お近くの支部へお問い合わせの上、受講日をお申し込みください。

ハーブテントセラピスト受講の流れ

STEP1▶︎
お申し込み

STEP2▶︎
審査・登録

STEP3▶︎
ハーブテントセラピスト講習

STEP4
ハーブテントセラピスト認定

日本ハーブテント協会には、当協会の教育基準や施設基準により養成施設(学校)を指定する「支部制度」があります。 現在、当協会支部は全国各地にあり、さまざまな地域で学校を選ぶことができます。講座は実技研修含めて約6時間程度となります。

タイムスケジュール

日本ハーブテント協会 ハーブテントセラピスト養成講座は以下のようなカリキュラムで進められております。
講座時間:3時間
講座内容
前半 1) ハーブテントの歴史
2) ハーブテントの良さ
3) 汗について
4) メディカルハーブについて
5) 協会推奨のハーブ
6) デトックスについて
7) デトックス必要度チェック
8) ハーブテントQ&A
9) ハーブテント設営方法
10) ハーブテントご利用の流れ
11) 薬事について
12) 注意事項
後半 ハーブテントの安全な利用・注意点など。
実際ハーブテントを利用しての講習を行います。
  終了後認定証を発行致します。

ハーブテントセラピスト養成講座
※ 音が出ます。
 

日本ハーブテント協会 支部校

ハーブテントセラピスト養成講座は日本ハーブテント協会支部校にて受講することが可能です。
日程などに関してはお近くの日本ハーブテント協会の支部、または本部事務局までお問い合わせください。
資料請求
 
お問い合わせ
このページの上部へ戻る